学校紹介

 

 


周辺地図


秋間小学校の概要

所在地
〒379-0102
群馬県安中市東上秋間1831番地
TEL.027-381-0494
FAX.027-381-2849
児童数 119名 学級数 7
 
学校区の概要
 秋間地区は、安中市の最北端に位置し、北は高崎市榛名町・倉渕村に接し、南は後閑地区に接した東西に細長く伸びた農山村である。その中央を西から東へ秋間川が流れている。谷がいつも枝わかれしているために、通学路も非常に細かく枝わかれしており、通学距離の長い児童もいる。また、学校の北側約1kmの所には新幹線「安中榛名駅」があり、観光の玄関口として利用されている。駅南斜面には、環境や景観に配慮したみのりが丘地区があり、5割近い児童が通学している。みのりが丘、西上秋間東上秋間、中秋間、下秋間の5行政区からなっている。
 秋間地区は安中市の玄関口としての新幹線「安中榛名駅」を有するほか、観光地としての「秋間梅林」がある。レイサム、下秋間、梅の郷と3つのゴルフ場もあり、いろいろな用途で秋間を訪れる人は多い。
 地域住民の教育に関する意識は非常に高く、学校に対して協力的である。児童と地域住民とのふれあいを図る行事ばかりでなく、40名を超す地域の方が「秋小見守り隊」に参加してくれている。PTA活動も同様に積極的で、参加率も高い。4月のPTA総会には約90%の会員が出席し、8月に実施される環境整備作業には児童数、保護者、職員も含め200名程度が参加し効率的に実施される。
 児童は、明るく素直で、友だちを大事にしながら生活できている。話を聞く態度もしっかりしていて、言われたことはきちんとできる。みのりが丘には、首都圏の企業に勤めている人も多く、海外との転出入もある。
 
校歌

古立一郎 作詞        
浜 欽哉 作曲
1 花むらさきに 雲匂う
  松風清き 岩戸山 
  常に仰ぎて すこやかに
  まことを究め 学(わざ)をねり
  明日の日本の 建設に  
  ああ眉あげて 高らかに 
  うたえうたえ 秋間小学校  

2浅間を遠く 背景(せ)に描く
 鏡とすめる 秋間川
 常にうつして 伸びのびと
 心をみがき 身をきたえ  
 明日の日本の 建設に
 ああ腕くみて 高らかに  
 進め進め 秋間小学校

 
沿革