もどる

ごあいさつ

安中市立九十九(つくも)小学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

九十九小学校は、安中市の西に位置し、南に九十九川、北に増田川が流れる丘陵地で、学校
周辺には田園が広がり樹木も多く、豊かな自然に恵まれています。校庭から南西の方向には、
四季折々に姿を変える妙義山を望むことができます。
また木造2階建ての校舎は、木の温もり
を感じさせるとともに、オープンスペースの教室やガラスを多用した見通しのよい職員室と
校長室、全校児童と職員が集うランチルーム(つくも教室)、音楽室と一体となった「アイビ
ーホール」等を備え、学校建築には珍しいユニークでモダンな造りとなっております。

 平成30年度は、児童数65名、職員数16名、7学級でスタートしました。「地域の学校」
として、家庭、地域との連携を大切にしており、地域からの学校行事への協力や学校からの地域
行事への参加・協力などを通して、世代を超えた温かな人間関係が育まれています。

 学校教育目標「心ゆたかで たくましく 自ら学びつづける 児童の育成」、具体目標である
「やさしい子」「げんきな子」「かしこい子」を合い言葉に、教職員が一丸となって毎日の教育
活動に取り組んでいます。子どもたちのための『楽しい学校』にしていけたらと考えます。

 子どもたちの活動の様子や本校の概要を紹介したページをご覧いただき、本校についてより
ご理解いただければ幸いです。 

平成30年度 校長  須賀 博之






カーソル・スイッチ