第2回学校保健委員会が開催されました
(23.2.10)

 今年度2回目の学校保健委員会は「バランスよくたべよう」というテーマで、児童の発表と心も体も健康になれる献立作りをしました。また、給食センターの栄養士さんを特別講師に迎え、児童が作った献立にアドバイスをしていただいたり、児童が苦手な野菜の上手な摂り入れかたや、野菜の効能について、一日に必要な量などを教えていただきました。体にとって野菜を摂ることが大事だとわかっていても、なかなか苦手な野菜を食べられない児童にとっては、茹でたり、炒めたりするとかさが減って食べやすいことも勉強になりました。学校保健委員会以後、苦手な野菜を少しでも食べようとしている児童の姿が目立つようになってきました。
おたよりへリンク


                     
みどりのなかまの食べ物を  どんな献立が作れたかな?  坂小 元気の合言葉
たくさん食べるように心がけ
てくださいね。



手洗い実験をしました
(22・12・13)

 この時期は、インフルエンザやノロウィルスなどの流行が心配されます。そこで重要なのが手洗い・うがいです。
 13日の朝礼では、坂小の児童が、普段通りの手洗いで上手に手が洗えているか、洗い残している所はないか手洗い実験を行いました。実験後、よく洗えていなかった所(洗い残しのあった所)を聞くと、指先や手のひら、指と指の間などの声が多くあがりました。今回の手洗い実験で一人一人が再度、自分にあった正しい手洗い方法を確認することができました。









   洗い残しがあるかな?     よくあらえているかな?     手洗い行動チェックシート




世界手洗いの日
(22・10・15)

 世界には正しい手洗いを知らないために、病気にかかり命を落としているたくさんの子どもたちがいます。そこで、世界の子どもたちに楽しく、正しい手洗いを身につけてもらおうと考えられたのが「世界手洗いダンス」です。坂本小学校では、全校で「手をあらおう!手をつなごう!」のスローガンのもとに全校で「世界手洗いダンス」を踊りました。
 手洗いの大切さとともに、自分たちが恵まれている環境で生活ができているということに気づけたようです。



  紙芝居で世界の現状を       お手本のダンス        全校でダンス
  勉強しました              完璧でした          指の間もしっかりね



インフルエンザ治癒証明
インフルエンザの治癒証明書を掲載しました。ご利用ください。


歯科保健事業(ワッ八ッ歯8020教室)が行われました
(22・6・28)

  28日(月)に安中市の歯科保健事業(ワッ八ッ歯8020教室)が行われました。保健師さんと歯科衛生士さんが来校し、口腔内の衛生について指導をしていただきました。歯の染め出しを行い、みがきにくい部分やみがき残しのあった部分について、上手なみがき方を教えていただきました。

      「たてみがき」・「つっこみみがき」・「かかとみがき」などブラッシングの方法も詳しく
      説明していただきました。
 
                 

          



歯科保健図画・ポスター・標語学校代表作品
(22・6・18)
  
今年もたくさんの作品の中から、以下の3人が学校代表作品として選ばれました。


     <図画> 3年 芽依さん         <ポスター> 4年 佳歩さん
   
                         
         

     <標語>  
       
          よいはの子  えがおもかがやく  元気な子
                             
                                             3年  豊大くん

 



学校保健委員会が開催されました
(22・6・10)
  6月10日(木)に学校保健委員会が開催されました。今回は大塚アカデミー主催のスクールセミナーを実施しました。「外に出て汗をかこう!元気に過ごせる水分補給」というテーマで食育と熱中症についての講義をしていただきました。これから夏本番を迎えるこの時期にタイムリーなお話を聞くことができ大変勉強になりました。(おたよりへリンク



新型インフルエンザへの対応のお願い(21・8・27)
  
  2学期が始まり、全国的に学校での新型インフルエンザの流行が心配されています。今日、安中市教育  委員会からのプリントを子ども達に配布しましたが、ご家庭でも新型インフルエンザ対策として 『毎朝の検
 温』をお願いいたします。体温表を配布いたしましたので、体温の確認し記入後 担任へ提出してください。
 
      家庭や学校でできるインフルエンザ対策
 『うがい』『手洗い』


 



学校保健委員会のお知らせ(20・1・25)
  
  第2回目の学校保健委員会を2月15日(金)の午後1時50分より本校の音楽室にて開催いたします。
 本年度「食育」を中心に学校保健委員会を準備していきましたが、今回は「排泄」の大切さを考える事をテー マに学校保健委員会を開催します。詳しい案内についてはpdfファイルをご参照下さい。

                      学校保健委員会の案内(pdf)



ストレッチ体操のすすめ  (19・10・4)
  
  秋も一段と深まってきました。食欲の秋・スポーツの秋・読書の秋など、この季節になると心も体も活動的になるのは、私だけでしょうか。しかし、急に何かを始めるのは大変です。なかなか、心も体も思うようにはいかないのが現実です。
 そこで、おすすめしたいのが『ストレッチ体操』です。下記にのせたものは主に下半身の筋肉を鍛える運動ですが、複式呼吸をしながら行うと心も体もリフレッシュできます。
 子どもたちは(私自身もそうですが・・・)『歩く』という基本的な動作が少なく運動不足な子もいるため、空いた時間を見つけて一緒に楽しく取り組んでいけたらと思っています。
 テレビを見ながらでもできますので、ご家庭においてもお試しください。

                      ストレッチ体操(pdf)


『わがやのおすすめレシピ』についてのお願い  (19・10・2)

  
 10月24日は「学校給食ぐんまの日」です。この日は、学校給食に地元群馬の農産物を使い、地元の豊かな恵みや生産者に感謝する気持ちを育てようという趣旨で制定されました。

 そこで、坂本小学校においては、子どもたちに地産池消についての理解を深めてもらいたいという考えから、地元の食材を使った『わがやのおすすめレシピ』を募集したいと思います。
 応募していただいたレシピについては、保健だよりやホームページにおいてお知らせし、クラブ活動や調理実習で実際に調理するなど教材として生かしていきたいと考えています。

    この活動を通し、子どもたちの食への関心が少しでも高まることを期待しております。
     ご家族のみなさまには負担をおかけしますが、ご協力をお願いしたいと思います。
                     よろしくお願いいたします。
  
                          『わがやのおすすめレシピ』(pdf)

 
 


『ぐんぐんカード』について  (19・9・4)

  
   8月28日(火)に毎学期恒例の身体測定をしました。夏休みを終え、4ヶ月ぶりの身長と体重の測定でしたが、成長期に入った男の子は特に伸び盛りで5p近く身長が伸びている子がいました。
 坂本小の子たちに出会ってから、ちょうど一年が経ちます。一人一人の『ぐんぐんカード』を作成しながら、しみじみと一年間の子どもたちの成長を実感する機会になりました。

 『ぐんぐんカード』には、一年間の身長の伸びを紙テープで表してあります。1年生は4月の身長と比較ですが、どの子も2p以上大きくなっています。
 お子さんの成長を実感していただける一つの資料にしていただければと思っております。なお、このカードは随時発信したいと考えています。『けんこうれんらくぼ』と一緒に担任へ返却していただければ『からだだいすきファイル』に閉じたいと思います。
 
                          『ぐんぐんカード』(pdf)


熱中症について  (19・7・13)

  
    7月号−2 のほけんだよりは、熱中症を特集しています。ご覧になってください。
 
 病院で働いていたころ、熱中症で高校生の男の子が担ぎ込まれたことがありました。日差しが強く蒸し暑いグランドで、ラグビーの練習をしていて倒れたそうです。病院に到着したときには、声をかけても意識がはっきりせず、おう吐を繰り返していました。体温は40℃近くあり、体じゅうを氷で冷却し、冷やした点滴をしましたが、すぐにはよくなりません。重症の熱中症の場合は、体温を調節する機能が働かなくなるのです。
その男の子は人工呼吸器が取り付けられ、集中治療室に運ばれましたが、その後意識をとり戻し無事退院することができました。重症化した熱中症の危険さを肌で感じた体験でした。
                                                     
 一気に水分をとるのではなく、こまめに水分をとりながらスポーツや外出を楽しみましょう。
 少しでも、気分が悪いと感じたら、涼しい風通しのよい場所で休むようにしましょう。
  



『からだだいすきファイル』について (19・7・10)

  
   一学期も残すところ一週間あまりとなりました。
 『からだだいすきファイル』と『けんこうれんらくぼ』をお返しします。ご覧になったら、7月13日(金)までに 保護者印を押して、担任にお渡し下さい。
 
  
  『からだだいすきファイル』は、産休・育休でお休みされている智香先生から引き継いだものです。
個人の成長の記録や歯の染め出しチェック、学校保健委員会の感想等などがつづられ、6年間分の体と心の成長の記録となります。
 今学期のものだけでなく前学年を見返し、お子さんの成長を感じ取っていただき、ご家庭での話題の一つにしていただければと思います。
  



第1回 学校保健委員会の取り組み (19・6・25)

  
6月15日(金)、学校医、学校歯科医、PTA会長を招き、第1回学校保健委員会が行われました。
 テーマは、『食生活とかむ力〜かむかむパワーのひみつ』と題し、やよい時代の食生活、かむ回数、あごの骨格と今との比較をしながら、かむことの大切さを考える試みをしました。
  詳しい内容につきましては、運営資料、学校保健だよりをごらんください。
        
           第1回 運営資料(pdf)         学校保健だより(pdf)
 
     あとがき 
  事前調査では、中・高学年の児童に給食のそしゃく回数調べをしてもらいました。児童の場合、かむ回数を数えてそのまま記入するやり方では負担が大きくなってしまうので、チェック方法はマークシート形式で行いました。やはりチェックすること自体が作為的なためか、普段の食事よりも多めにそしゃくしてそうな子はいました。しかし、かむ回数を数えながら食事をするのは初めての体験だと思うので、学校保健委員会前にかむことへの興味を促す意味では、今回の事前調査は意義があったと感じます。
 

歯の衛生週間の取り組み (19・6・12)

  
    各教室を周り、全校児童に歯垢染め出しチェックを行いました。いつもよりていねいにみがいた子もいたようですが、いつものみがき残しが歯垢となってしまっていたようです。毎日の歯みがきをていねいにするのが一番ですね。
  歯ブラシの毛先が開いてる子がたくさんいました。歯ブラシは、3週間程度で交換するのがいいと言われています。時々、歯ブラシチェックをしていきたいと思います。
  



歯と口の健康に関する図画・ポスター・標語 校内代表作品 (19・6・12)

  
群馬県では、『よい歯のコンクール』に取り組んでいます。
 校内においても、全校児童に作品を出していただきました。
校内の代表作品は以下の通りです。
  
 <図画> 1年生  奈美 さん <ポスター> 4年生  秀平 くん          
 
<標語>
 むし歯くん 私の口には いられない
                         5年生  琴乃 さん


歯垢の染め出しチェックを行います。(19・6・1)

      
    6月4日から10日は、歯の衛生週間です。
 1、2年生は4日(月)の5時間目に行います。
 第一大臼歯(6才臼歯)は、一生の中で物をかむ時にもっとも活躍する歯です。
将来的にかみ合わせの面でも重要となる歯ですので、生え始めてくるこの時期を大切にしたいと考えています。
 永久歯と乳歯がもっとも混在する3・4年生は、みがき残しがないようにみがくことを目標に、5・6年生は歯周病予防を目標に歯垢の染め出し後に 自分に合ったみがき方を学んでもらいたいと思ってます。
 

1・2年生に手洗い指導をしました。(19・4・13)


 給食室に給食をとりに来る時、コチョコチョッと手を洗い給食着で手を拭いている姿をよくみかけました。おかげで、1年間使用した給食着の両脇は、ひどく汚れていることがわかりました。「初めが肝心。」給食が始まる前に1年生に対して、手洗い指導をすることになりました。去年の今頃、手を洗う大切さを習った2年生は、もう一度復習です。
 普段通りに手を洗い、手洗いチェッカーを使って、観察してみると・・・・洗い残しがたくさんあります。「きたなーい」「バイ菌たくさーん」とおおはしゃぎしながら、もう一度手を洗い、きれいに洗えたかを見てみました。
 「自分の体を守ること」少しずつ学習していきましょうね。