トップページへもどる

 学校教育目標

  (1) 基本目標   
  
確かな学力を身に付けるとともに、心豊かで、たくましい児童の育成

 
(2) 具体目標
 
@目指す児童像                                  A皆の合い言:にしよこの
  ○学ぶ子      ・話をしっかり聞き、よく考える子                  こにこ元気
              ・自分の考えを伝えあうことのできる子              っかり考え
  ○助け合う子    ・相手の気持ちを考えて行動する子                く聞き話し
               ・あいさつがしっかりできる子                   こつこつ学び
  ○元気な子     ・進んで運動する子                         ばせみんなの可能性
               ・けがや事故から身を守れる子


 学校経営方針 
(1)児童にとって楽しく充実感の味わえる学校づくり
  確かな学力の向上を図るとともに、豊かな人間性やたくましく生きるための健康 や体力を育む指導の充実に努める。
(2)教師にとって働きがいを感じる職場づくり
  公務員としての自覚に基づき服務規律の確保に努めるとともに、継続的な研修を 通して、教職員としての資質を高め、教師の教育力の向上を図る。
(3)保護者や地域から信頼される学校づくり
  家庭、地域との連携を図り、地域の環境や人材を生かした教育活動の工夫に努め、 地域に開かれ地域に根ざした、特色ある学校経営の実現に努める。
(4)安心・安全な学校づくり
 健康で安全な学校生活が過ごせる学習環境を整え、日常の安全点検の徹底と危機 管理マニュアルに基づいた緊急時の安全確保の推進に努める。  

 本年度の努力点

経営の重点1.確かな学力の向上を図る(学びづくり:知育) 

@「学力向上委員会」を中心とした組織的・継続的な取り組みとして、指導体制の工夫・改善と
 教員の指導力の向上により教育課程の改善・充実を図っていく。
 (学力向上委員会による学力向上対策の推進、西小学力向上グランドデザインの推進)

A「学習のルール」・「学習習慣の定着(自学自習)」を図り、基本的な学習習慣の確立に努める
 。(学習ルールと学び方「自学自習」)

B学習のねらいを明確にした指導を行い一人一人の基礎学力の確かな定着を図る授業の改
 善・充実に努める。(基礎・基本)

C言語活動の充実や児童が自主的・自発的に取り組む体験的な学習や問題解決的学習を取
 り入れ、学ぶ意欲の向上と思考力・判断力・表現力等の諸能力の育成に努める。 (思考力・
 判断力・表現力)

D児童の興味関心や習熟度の実態を踏まえ少人数指導やT・T指導によるきめ細かな指導の
 充実に努める。(学ぶ意欲)


経営の重点2.豊かな心を育てる教育の実践
                (道徳・人権教育の推進、仲間づくり:徳育)


@児童の道徳性や地域の実態等を踏まえ、全教育活動を通して豊かな心を育てる教育活動に
 取り組む。また、学校外においても道徳的実践ができるよう三位一体による教育活動を推進
 する。
Aみんなで仲よく助け合い、認め合うことができるよう人権を尊重する教育活動を推進する。
 (挨拶運動の推進、学年・学級経営の充実)
B異年齢集団の通学班や「ふもと班」の清掃活動や集会活動を通して、自主性や思いやりのを
 育て、いじめのない温かい人間関係づくりを目指す。


経営の重点3.健康の増進と体力の向上(体づくり:体育) 

@「ぐんまの子どもの体力向上プラン」に基づき、運動に親しむ生活習慣や健康体力の向上に
 努め、意欲的に取り組む児童の育成に努める。

A学校・家庭・地域が連携し、基本的生活習慣の確立と感染症等の疾病やけがの予防に努め
 る。

B関係機関と連携し、安全教育、食育等の組織的・計画的な指導の充実に努める。


経営の重点4.学校経営の改善・充実

@学校評議員制度や学校評価システムなどによる学校関係者評価や内部評価、新しい人事評
 価などから学校課題を明確にするとともに、家庭や地域との連携を図り、地域に開かれた学
 校づくりを推進する。
A学習指導要領の趣旨を十分踏まえ、全職員で確実に取り組む。


経営の重点5.積極的な生徒指導の推進

@児童との信頼関係を大切にするとともに、授業や諸活動の中で、児童一人一人の良さや頑
 張りを見いだし、ほめて育てるなど積極的な生徒指導に努める。

A基本的な生活習慣の定着を図るための一環として、学校、家庭、地域と連携し「早寝・早起き
 ・朝ごはん」と「あいさつ、返事、後始末」運動の更なる推進に努める

B特別支援教育コーディネーターや教育相談担当を中心とした校内支援体制の充実と不登校・
 いじめ等の問題行動の早期発見とその対応を迅速に行う。スクールカウンセラーの積極的な
 活用と関係機関とのネットワークの強化を図る。


経営の重点6.校内研修の充実

@確かな学力の育成等、実践的な校内研修の推進・充実に努める。

A校内研修における一人一研究授業を奨励し互いに学びあい高め合う場を設定することで教
 師の指導力の向上を図る。

B小学校の外国語活動の充実と国際理解教育の推進を図るための研修を充実させる。

C「子どもの学び」を視点とした研修を進め、コンピュータやICT機器等の積極的な活用により
 教材教具の効果的な提示方法を工夫する。