トップページへもどる

令和2年度 学校経営の基本的事項
1 学校教育目標 主体性があり、心豊かで、たくましい東中生徒の育成
   【4つの具体目標と12の行動目標】
(1)自ら学習に取り組む生徒〔知〕 ・・・主体性
@学習ルールを守り、進んで学習に取り組む。
A基礎・基本を身に付け、習得した学習事項等を活用し、課題解決を図る。
B自ら考え、正しく判断し、自分の言葉などで適切に表現する。

(2)互いに支え合える生徒〔徳〕 ・・・豊かな心
@いじめを許さず、自律して行動する。
A進んで明るくあいさつする。
B相手の立場に立って考え、協力する。

(3)最後までやり抜く生徒〔体〕 ・・・たくましさ
@めあての達成に向け、粘り強く努力する。
A進んで体力の向上に努める。
B日々の健康管理や部活動(運動)を頑張る。

(4)進んで奉仕する生徒〔情〕 ・・・奉仕の心
@最後まで責任をもって仕事を果たす。
A清掃活動や美化活動などに心を込めて取り組む。
B公共心と感謝の気持ち(孝)を持ち、進んで人のために尽くす。
2 学校経営方針 (1)教職員の和を大切にし、創意・工夫を学校経営に活かしながら、知性・人間性共に豊かな生徒の育成に努める。

(2)研修組織を機能させ、英語科の小中連携、新学習指導要領完全実施に向けた研修の充実を推進する。

(3)共学、共働、共感を大切にし、信頼関係を深め、心身共にたくましく実践力のある生徒の育成に努める。

(4)保護者や地域に教育活動の内容等を計画的に公開・広報すると共に、積極的な人材活用に努め、信頼と協調の上に立った開かれた学校を目指す。

(5)清掃活動等を充実させ、安心・安全な教育環境の整備に努め、落ち着きのあるきれいな学校づくりを目指す。

(6)ワーク・ライフ・バランスに配慮した効率的で質の高い働き方を推進する。
3 本年度の努力点 (1)組織的な学校運営の推進
・生徒理解や生徒指導、校務の円滑な推進、研修の充実のための報告・連絡・相談体制の整備や充実
・「西部地区小中一貫外国語(英語)教育充実事業」授業公開に向けた全職員協力体制の構築

(2)カリキュラム・マネジメントの充実
・単元配列表を活用した教科横断的な学習指導やキャリア教育の充実
・学校教育目標との関連性を踏まえた教育活動の推進
・体育的行事や部活動等を通した「挑戦する心」の育成

(3)学力向上の推進
・基礎的な学習事項の定着や思考力・判断力・表現力等を育成する生徒主体の授業改善
・学習の定着状況の的確な把握による個に応じた学習指導の工夫(「放課後学習会」との連携)

(4)生徒指導の充実
・互いに尊重し、良好で円滑な人間関係を築き、協力し、高め合う学級・学年づくり
・教師と生徒の信頼関係づくりに基づいた「認めて褒めて伸ばす」生徒指導の推進

(5)外部人材の積極的な活用
・コミュニティ・スクールへの移行を踏まえ、人材活用による「開かれた学校づくり」の推進
・学校支援センター(1階旧小会議室)の整備と活用
4 研究研修計画
   (検討中)
(1)研究主題


(2)研究のねらい


(3)研究内容



沿革

昭和29年5月3日 憲法記念日を期して,碓氷郡西部六ヶ町村(松井田町・臼井町・坂本町・西横野村・九十九村・細野村)が合併し、新松井田町が誕生。旧町村がそれぞれ設置していた6中学校は,校名を変更してそのまま存続。
昭和37年4月1日 学区の再編成と統合が行われ,東・西・南・北の4中学校が誕生。
昭和41年4月 統合完了 校舎完成
昭和43年4月 産業教室完成
昭和44年 県指定「数学」研究発表を行う。
体育館,変電所完成
昭和46年 給食センター完成に伴い,完全給食実施
昭和46年,47年 文部省指定「道徳教育」指定校研究発表
昭和51年 校歌制定,歌碑建立
昭和53年 県教育委員会,日本学校安全会指定
昭和54年 「交通安全教育」実践推進校
昭和55年 柔剣道場完成
昭和58年,59年 文部省,県教育委員会,生徒指導地域指定校
昭和59年 部室(5部屋)完成
昭和60年 生徒指導実践校として県外より視察多数
昭和61年            〃
昭和61年,62年 県教育委員会,学力向上実践推進地区指定校
昭和63年 県造形美術研究碓氷大会公開授業協力校
平成 1年 町生涯学習推進協議会結成(生涯学習元年)
平成 3年 本校舎大規模改修工事(外装)
平成 4年         〃     (内装@),文部省・学校週5日制指定校
平成 5年         〃     (内装A),         〃
平成 6年 文部省・学校週5日制指定校,文部省・進路指導地域指定
平成 7年, 8年 文部省・進路指導地域指定
平成10年,11年 町生涯学習実践推進校指定
平成11年度 町PTA人権教育指定
生徒用パソコン21台,ノートパソコン6台,カラープリンター1台設置
平成13年度 東中PTA,県PTA連合会長表彰
平成14年度 県教育委員会指定「人権教育研究開発校」〜16年
平成15年度 文部科学省指定「人権教育開発校」〜16年
平成17年度 生徒用パソコン25台,プロジェクター1台,カラープリンター2台設置
平成18年3月18日 松井田町と安中市の合併により、安中市立松井田東中学校となる