安中市立原市小学校 いじめ防止基本方針   いじめ防止対策委員会

1 いじめに対する基本認識
「いじめ」とは、「当該児童生徒が、一定の人間関係のある者から、心理的、物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの。」(H18文科省調査)との考え方のもと、「いじめは、どの学校でも、どの学級でも、どの子どもにも起こり得る」との認識にたち、児童が楽しく学び、生き生きとした学校生活を送れるようにしていくために基本方針を策定した。

2 いじめの未然防止のために
(1) 児童が、自己有用感を高め、学級の一員としての自覚をもてる学級経営を推進する。
(2) 一人一人を大切にした楽しい授業・分かる授業を推進し、学習活動での達成感、成就感を味わわせる。
(3) 児童がいじめ問題を「自分のこととして考え、いじめは、絶対に許されない」という認識がもてるよう様々な機会を通して指導していく。
(4) 教職員研修の充実を図り、「教職員の言動でいじめを誘発・助長・黙認することがない」よう細心の注意を払う。
(5) 常に危機感をもち、いじめ問題への取組を定期的に点検して、改善充実を図る
(6) 地域や関係機関との情報交換を行い、日常的な連携を深める

3 いじめの早期発見・早期解決のために
(1) 「いじめはどの学校でも、どの児童にも起こりうるものである。」という基本認識に立ち、全ての教員が日常的な観察を丁寧に行うことにより、児童の小さな変化を見逃さない。
(2) 毎月のいじめアンケートを実施し、訴えがあった児童がいる場合にはその児童に安心感をもたせるとともに問題の解決に全校態勢であたる。
(3) 「いじめ防止委員会(兼:生徒指導委員会)」を定期的に開催し、情報の共有化を図り全職員が一致団結して早期発見・早期解決にあたる。
(4) いじめ問題を発見したときには、学級担任だけで抱え込むことなく、学校長以下全ての教員が対応を協議し、家庭や関係機関と連携をはかりいじめ問題の解決にあたる。
(5) 情報収集を綿密に行い、事実確認をした上で、いじめられている児童の身の安全を最優先に考え、いじめている側の児童に対しては毅然とした態度で指導にあたる。また、傍観者の立場にいる児童たちにもいじめているのと同様であるということを指導する。

4 校内組織
(1) 生徒指導委員会
月1回全教職員で問題傾向を有する児童について、現状や指導についての情報の交換、及び共通行動についての話し合いを行う。
(2) いじめ防止対策委員会
いじめ防止に関する措置を実効的に行うため、管理職、生徒指導主任、教育相談担当、養護教諭、当該学級担任、SCによるいじめ防止対策委員会を設置する。必要に応じて委員会を開催する。

5 家庭や地域、関係機関と連携した取組
(1) 重大ないじめの問題が発生した場合は、行政等を含めた緊急いじめ防止対策委員会を開催し、その解決にあたる。
(2) いじめ問題が起きたときには家庭との連携をいつも以上に密にし、学校側の取組についての情報を伝えながら解決にあたる。